3匹まとめての診察2016年05月29日 21時06分33秒

最近、朝方に吐くチー
唇の「好酸球性潰瘍」の症状がひどくなってきたレイ
乳腺腫瘍摘出後の2ヶ月が経過したシン


3匹まとめて病院で診察してきました。
これはその備忘録です。


チーは、薬がある間は吐かないのですが、薬が切れていると吐いています。
また、前回の血液検査で腎臓の数値(BUN、CRE)がやや高いと診断されたため、腎臓疾患によいカリカリに変更したので、再度血液検査しました。
結果は少しだけBUN(尿素窒素値)が改善されてきていますので、こちらも継続することになりました。
ただし、吐くのは腎臓の問題ではなく、胃腸の方だろうということで、胃腸薬を投薬することにしました。
前回は朝と夜に投与するしていたのですが、夜の薬を飲ませると吐かなかったので、しばらく夜の分だけを続けることになりました。
体重は、3.65キロ

レイは、以前薬をもらっていて、よくなりかけたのですが、完治できず、薬の影響を考えてしばらく止めていました。
しかし、診察したところ、足先の指の間がただれていることがわかり、そちらを優先することになりました。
ルーもアスカもそうでしたが、足の指先を気にすることが多く、自分で傷つけてしまっているようです。
レイもしばらく投薬が続きます。
体重は、3.7キロ


シンは、乳腺腫瘍により全ての乳腺を摘出しましたが、今ところ再発した様子もないとのこと。
再発は皮膚に出ることが多いとのことで、体を触診することが重要だそうです。
しばらくは注意が必要です。
次は来月です。
体重は、2.8キロ


※トラックバックは承認後に公開されますので、時間がかかることがあります。
※URLが書かれたコメントとトラックバックは登録できませんのでご了承ください。
※コメントのレスはただいまお休みさせて頂いております。
※写真をクリックすると大きい表示になります。(実験中)
※携帯電話で参照した場合に画像がたいへん見づらくなりますのでご了承ください。

ブログランキング参加中
 1日1回クリックしていただけるとみんな喜びます。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

ルーのシャンプー2016年05月07日 23時17分10秒

ルーは、お腹の毛を舐めとってしまうため、常時エリザベート(注)を付けています。
(注)エリザベスカラーのこと

このため、自分では毛繕いができません。
たまに体を拭くなどしているのですが、昨日からかゆそうにしていたので、シャンプーをすることにしました。


お風呂でシャンプー中。
では、潜入してみます。

シャンプーは妻担当。
お湯をかけてもらっています。
何か訴えているようですが・・・


お手々をキレイキレイ


背中をキレイキレイ


お顔もキレイにしましょう。


シャワーでシャンプーを流します。
今のところ、暴れることなく、おとなしくしています。


シャンプーの後は、乾燥です。
ドライヤーとブラシを使って乾かしていきます。


乾かすのは二人がかり。
私はドライヤー&撮影担当、1カ所に集中しないようにドライヤーの風を動かします。


はい、乾燥終了。
かわいさが倍増しました(笑)

ルーは、皮膚にアレルギーがあるようで、お腹の毛を舐め取ってしまったり、足先を舐めすぎて腫らしてしまったりを度々繰り返しています。
このため、エリザベートを付けているのですが、以前は小さいものをつけていました。
しかし、猫故の体の柔らかさのせいか、器用に足先を舐めてしまうようになりました。
そして、今は子犬用のエリザベートを使用しています。
猫用では小さすぎるのですね(苦笑)

妻実家からアレルギーへの対処について聞いてきましたので、試して見ようと考えています。
効果があれば、またアップします。



※トラックバックは承認後に公開されますので、時間がかかることがあります。
※URLが書かれたコメントとトラックバックは登録できませんのでご了承ください。
※コメントのレスはただいまお休みさせて頂いております。
※写真をクリックすると大きい表示になります。(実験中)
※携帯電話で参照した場合に画像がたいへん見づらくなりますのでご了承ください。


ブログランキング参加中
 1日1回クリックしていただけるとみんな喜びます。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

シンの抜糸2016年03月27日 20時55分06秒

アスカが虹の橋を渡って1週間が経ちましたが、昨日はシンの抜糸の日。

乳腺腫瘍の手術から2週間以上が経過しており、抜糸は無事に終わりました。
縫合傷は一部かさぶたになっていましたが、ほとんどくっついていて分からなくなっていました。

さて、摘出した部位の病理検査結果が分かり、報告書をいただきました。

結果は、やはり悪性腫瘍でした。
猫の場合、80%以上は悪性なので、覚悟はしていました。

左2、3、4と右2乳腺に大小の腫瘤が形成されていて、1つの乳腺の周囲に浸潤性があり、リンパ管内にも腫瘍細胞が浸潤していたとのこと。
マージン部(腫瘍周囲を大きく取った範囲)には腫瘍性の病変は認められなかったので、摘出範囲の腫瘍は全て取れたと考えて良いとのことでした。
しかし、リンパ管内に浸潤していたことから、他への転移・再発も考えなくてはならなくなりました。

このため、経過観察が必要なため、まずは2週間後の診察を受けることになりました。
その後、半年間、毎月の診察を受けることになりました。

アスカは虹の橋を渡ってしまいましたが、シンはまだ病気との闘いが続きます。

これからも、シンを見守って行きます。



※トラックバックは承認後に公開されますので、時間がかかることがあります。
※URLが書かれたコメントとトラックバックは登録できませんのでご了承ください。
※コメントのレスはただいまお休みさせて頂いております。
※写真をクリックすると大きい表示になります。(実験中)
※携帯電話で参照した場合に画像がたいへん見づらくなりますのでご了承ください。


ブログランキング参加中
 1日1回クリックしていただけるとみんな喜びます。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ